2009年12月CQオーム売り上げベスト!

というエントリが、CQオームのBlogで紹介されていました。
ちょっぴり情報の鮮度が落ちてしまったネタですが、せっかくなので。

というわけで、やっぱり気になるのは特小部門、ですね。

2009年12月CQオーム売り上げベスト! – アマチュア無線・広帯域受信機(レシーバー)・トランシーバー業界NEWS(ニュース) by CQオーム

特小
1位 IC-DPR5 5W出力(適法)のスーパーハンディ機! 免許不要!人気急上昇中。
2位 DJ-P22 アルインコの新型。コンパクトモデルです。
3位 DJ-PX2B アルインコのこちらもコンパクトモデル。スピーカー無しで軽量。
4位 DJ-P11U 6800円。リユースモデルで、最安値! 台数が必要な方はこれ。
5位 IC-4008WB 生産終了。残りわずか!ご希望の方はお早めにどうぞ。

「IC-DPR5が特小部門に入ってるのはどうよ?」
というツッコミがあるかもしれませんが、それはさておき。

値段的には特小トランシーバーのほうが安い(ハズ)のですが、デジタル簡易無線(DCR351)のIC-DPR5が1位です。購入者層としては、業務で利用するために買う人がきっと多いはずですから、予想できる結果かもしれません。

個人で購入するにはまだまだ(お値段的に)手が届きにくいデジタル簡易無線ですが、企業で購入するトランシーバーとしては「デジタル簡易無線は手が届く範囲のお値段になっている(なりつつある)」と言えそうです(デジタルだから秘話性が高い、とか、そういう面から考えても、お店側もオススメしやすいですよね。きっと)。

売り上げベスト情報をまとめて見ていると、いろんな機種の入れ替わりが分かって楽しいですね。参考になります。はい。

というか、特小トランシーバーをまったくチェックしなくなってしまったので、最近の機種はかなりうといです。ALINCO DJ-R100D(いや、DJ-R20Dかも)の時代で止まってます。ヤバイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加