iPTT – 意外に運用可能な人いるのね。

iPTT – iPhone/iPod touchがトランシーバー?に!
でご紹介したiPTT(といってもワタクシも人から教えてもらったクチですが)。

iPhoneやiPod Touchが流行っているとはいえ、持っている人はあまりいないのかな~というイメージだったのですが…. 意外にiPhoneやiPod Touch持っているライセンスフリーな人が多いことにちょっとビックリです。

ということで、たまにTwitterで予告した上で、iPTTで交信というパターンが定着しつつあるようです(iPhoneやiPod Touchをお持ちの方、ぜひ、TwitterでつぶやいてからiPTTで待機してみてください)。

やっぱり無線をかじったことがない人もいるわけで、各チャンネルでのトークはぐだぐだな感じです。

と書いたように、最初は、割り当てられたチャンネルでないところ(00.7とか)を使っていたのですが、無線にはまったく関係の無い人が突如登場して、最終的にはぐたぐたな感じに。

なので、最近は、(意外に使われていそうで使われていないカンジ?な)HamRadioチャンネル(07.3)が待ち受けチャンネル的になっています。

eQSO for PMR446ももちろん楽しいのですが、外出先でもiPhoneやiPod Touchひとつ(しかもiPhoneは3G回線でできます!)でできてしまうところが、今のところの利点、でしょうか。。

ちなみに、iPhone 3GSはマイクが内臓されているので、直接iPhone 3GSに向かって話せばOKですが、マイクがついていないiPod Touch(iPhone 3Gも?)はマイクがついたイヤホンマイクが必要になるようです。

あ、それから、一回当たりの送信可能時間は20秒らしいです。
もうちょっと長いといいなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加